巴裡 小川軒について

巴裡 小川軒の歴史

明治38 年(1905 年)に初代小川鉄五郎が、新橋(汐留)に洋食屋「小川軒」を創業しました。
レストランに加えて菓子を中心とした物販を目的として、
昭和中期に二代目小川順とその弟、小川斌が、レイズン・ウイッチの原型を完成させました。
その後、洋菓子全般が独立する形で、巴裡小川軒が創業。
明治の創業以来、数多くのお客様に支えられて現在に至ります。

巴裡 小川軒の昭和時代
(昭和40年頃の小川軒新橋店から新橋駅舎を臨む)

 

巴裡 小川軒が大切に考えていること

 

『私たちは、お菓子の「鮮度」を大切に考えています』

 お菓子は、焼きたてがもっとも美味しいと思っています。

皆さまには、目黒工房から焼きたてをお届けします。
また、美味しいうちに召し上がっていただきたいとの願いから、
賞味期限は短くなっています。

 

『すべてのお菓子は、目黒工房で作ります』

巴裡 小川軒のお菓子は100%、目黒の工房で毎日、焼いています。
私たちが、商品一つひとつに責任を持ち、
納得のできるお菓子を丁寧に作っていきたいからです。

 

『「材料8割、腕2割」を守ります』

 「材料8割、腕2割※」

をモットーに、巴裡 小川軒では、高品質な食材を厳選し、
安全で美味しく、鮮度の良いお菓子つくりを心がけています。

※ いかに良い腕をもってしても、食べ物の良し悪しの8割は、
材料の良し悪しで決まるため、材料の選定は極めて重要である、との意味。

小川順
(新橋店でコーヒーを飲む小川順)